横断幕の作り方

目立つ横断幕の作り方について

目に飛び込んでくる

2014年ソチオリンピックが盛り上がっていますが、テレビの画面を見ていると
選手の背景には沢山の観衆、歓喜の声はもちろん、応援の思いや
言葉を大きく表した横断幕、応援幕が大きく目に飛び込んできます。

横断幕といえばスポーツ観戦。
というようにイメージされている方も多いのではないでしょうか。

そういう私もそのようなイメージが今でも濃くあります。
小さなものから大きなものまで、近年では個性豊かな横断幕、応援幕があり、
スポーツを代表とする多様なシーンで活用されています。

製作する業者

横断幕・懸垂幕・垂れ幕の【マクプリ】京都のれん株式会社プリントならお任せ
その作り方には二通りあって、企画から材料調達、製作まですべて
自分自身で行うハンドメイド型と、企業や業者等に依頼して製作するオーダー型とあります。

ハンドメイド型は文字通り一つ一つ自分のイメージや思いを表現しやすい
作り方なので、思い通りに仕上げることが可能です。

会場で一際目立つ横断幕となるでしょう。

また材料費、人件費等抑えられるのでコスト的な負担も軽減できます。
ただ製作時間が掛かる事は否めません。

また発想力に乏しい方や細かな作業が苦手な方はオーダー型がベストでしょう。
コストは掛かりますが短時間で作成することができ、抜群の仕上がりの横断幕となるでしょう。

何よりプロにお任せするのは、仕上がりも全然違います。
どうしてもハンドメイドだと初めてのことなので、要領をつかむまでムラができてしまったりと
なんだかんだ手間はかかります。

こちら側は依頼のみですから、注文の手間が少ないということも利点です。
忙しい人や会社での作成にはこちらのほうがぴったりですね。
メッセージさえ考えれば進んでいきます。

そして、間違いのないクオリティーの高いものが完成します。
部活やサークルなんかで使う場合は繰り返し使うことが多いです。

ですから、強度も重要。
業者に頼むと、このあたりは安心して使用することができます。
手づくりか業者か、どちらが良いのか分析してみましょう。

クォリティーをとるかアットホームさをとるか。
実は目立つ者は手作り感あふれるものかもしれませんね。
キレイすぎるものは、目立たないこともあるのが事実です。

既製品生地効果的業者加工



あなたにぴったりの住みたい場所の見つけ方 ページホーム

横断幕で届けたいメッセージを届ける