横断幕の作り方

横断幕の作り方とプリント方法について婚礼ロケーション写真の株式会社美翔苑

横断幕といえば、スポーツ観戦や学校行事など。
イベントに欠かせないアイテムでもあります。
でも、実はどのように制作されているのか。
どのような注文方法なのか。
ご存じではない方も多いのかもしれません。

使用できる場所

横断幕・懸垂幕・垂れ幕の【マクプリ】京都のれん株式会社プリントならお任せ
そこで横断幕の作り方をご紹介します。
横断幕を作るために必要最低限な材料は「布」「ロープ」「ハトメ」で
最適な大きさは縦1m×横3mほどが少人数でも持ち運びが便利な大きさです。

横断幕を作るのに最適な布地は、
細かい布目があり、つやのないマットな風合いな生地で 軽く小さく折り畳める
「トロマット」や、ビニールなどの合成樹脂で厚くコーティングまたはラミネートした素材で、
運動会等で設営するテントや船や商店などの軒出しテントに使用される
雨や汚れに強く丈夫な素材の「ターポリン」などです。

丈夫な

実際の作り方ですが、布地を1〜2cm程度、裏側に折り返し、折り目を付けて、ミシン縫いします。
横断幕のロープは大体直径5mmほどで長さ30〜40cm程度を4〜5か所に穴をあけて打ちつけます。

その際に直径12mm程度のハトメを打ち込むと丈夫になります。
プリント方法ですが、大判プリンターがあれば、パソコンとつなげてそこから印刷して出すことができます。

転写シートに写し出して水で貼ったり アイロンプリントで、アイロン張りしたりすると自由なデザインを楽しめます。
自分で作るならば、こうしたアレンジが可能なのが嬉しいところです。

チームのモチーフをつけたり。
子供の名前をアップリケしたり。
自由に制作することで、制作自体も楽しめるのではないでしょうか?

楽しんで作った横断幕にはきっと良い想いがこもると思います。
オリジナリティ溢れる横断幕は他と比べても注目されるでしょう。

皆で、色紙のように回し書きしたメッセージやイラストを、デザインに取り入れるなんていうのも
オリジナリティーがあっていいのではないでしょうか?

手づくりすることの良さは、そこにあると思います。
既成のものと違って、こうでないといけないという決まりはありません。
自由な発想で、みんなの想いをこめて作ってあげるのが一番です。

時間のない時にお勧めなのは、付箋でつくるメッセージカード。
今は可愛い付箋が沢山売っています。
みんなで1つの色紙に貼るだけで可愛く仕上げることができます。

 

既製品生地効果的業者加工

あなたにぴったりの住みたい場所の見つけ方 ページホーム

横断幕で届けたいメッセージを届ける