横断幕の作り方

愛情たっぷり手作り横断幕の作り方 婚礼ロケーション写真の株式会社美翔苑

横断幕は、プロに依頼をするととても素晴らしいものが出来上がりますが、
手作りをするのもまた心がこもったり、愛着が生まれます。

クラブ活動や子供達の応援。
このような場面ではこうした手作りの横断幕が選手たちの気持ちを盛り上げてもくれるでしょう。

気持ちを盛り上げる


心のこもった応援はとても嬉しいもので力を与えてくれるものです。
マネージャーさんが1つずつ手作りしたミサンガやお守り。
そういった感覚でしょうか。想いが乗っかります。

応援する側も横断幕を手作りすることで、より一緒に盛り上がるでしょう。
何より、製作期間を重ねることで、応援する気持ちも高まるというものです。

皆で作ることで、応援する側も一丸となれるのではないでしょうか。
観戦するからには、選手たちと同じような気持ちで挑みたいものです。

挑む

手づくりって温かみがあって、想いが伝わる。
作り手の想いが一筆や一針にこもっていて
本当に価値のあるものに仕上がります。

作ってもらえるということも、送ってもらう側からすれば
本当にうれしいことですね。

横断幕の作り方ですが様々な方法があるかと思いますが、今回は一例を紹介いたします。
まず自分でどのような横断幕を製作したいかを決め、デザイン画を作製します。
そのあと、土台となる作りたい大きさの布を用意します。

横断幕・懸垂幕・垂れ幕の【マクプリ】京都のれん株式会社プリントならお任せ
そして、デザイン画を基に、文字の大きさを布の大きさから計算し、型紙を作製します。

型紙はイラストレーター等のイラスト専用ソフトを使用すれば
プロのような仕上がりに、手書きで製作すれば温かみのあるものが製作できます。

型紙が仕上がったら、切り取り、布の上に並べます。その後チャコペンなどで布に写し取ります。
写し取ったチャコペンに沿ってマスキングテープを貼り、絵の具がはみ出さないようにします。

マスキングテープが貼り終わったら、アクリル絵の具で塗ります。
ここであまり水を混ぜすぎると、ムラになってしまうので注意が必要です。

全て塗り終わったらマスキングテープをはがし、横断幕のまわりを縫って補強をすれば完成です。
作り方は以外と簡単ですが、手間をかけると素敵な作品に仕上がります。

お金を掛けずに手作りで。
何だか文化祭の準備みたいで楽しいですね。
皆でワイワイ作業するのも、イベントの楽しみの一つ。
時間のある方は、 一度手作りを検討してみてはいかがでしょうか?

 

既製品生地効果的業者加工

あなたにぴったりの住みたい場所の見つけ方 ページホーム

横断幕で届けたいメッセージを届ける