横断幕の作り方

文字の入った横断幕の作り方について

横断幕の作り方は、まず材料を準備するところから始まります。
布地、ロープ、ハトメ、アクリル絵の具、布用定着剤、紙、マスキングテープ、
筆、チャコペン、チャコシート、ミシン糸、ミシン、アイロンなどが必要です。

横断幕にする布地の端を縫ってハトメをつけます。ハトメはハトメとそれを固定する道具が必要です。
ハトメを作るパンチのようなものが手芸店に売られています。それを利用するとよいでしょう。

道具を上手く使うことで、楽にきれいに作れます。
その後、紙にデザインを描きます。これをチャコシートで布に転写します。

立派な物


マスキングテープを、文字の周囲を綺麗に囲んでい縁取りをします。
そして、マスキングテープの中に、アクリル絵の具で色を塗っていきます。
二度塗りをするので、一回目は少し水を多めにして塗ります。

15分程待って乾いてから、二回目を塗ります。
この時はアクリル絵の具を多めにして、水は少なめにするのがコツです。
このように二度塗りをすると、綺麗に仕上がります。
横断幕・懸垂幕・垂れ幕の【マクプリ】京都のれん株式会社プリントならお任せ

文字の入った横断幕の作り方は、手間を惜しむと上手くつくることが出来ません。
マスキングテープでしっかりと縁取りをすることで、綺麗な横断幕を仕上げることが出来ます。

仕上げる


手作りとはいえ、有る程度の完成度はキープしたいところです。
特に文字は出来不出来が分かりやすい部分。
ムラなく仕上げるのがポイントです。

手間を惜しまず、基本的なことを確実に。
しっかりと作り上げたいものです。

手づくりの良さは手間がかかっているのも感じられるところにあるのではないでしょうか?
すごく手が込んでいるものって見ていてなんだか愛着が湧きます。

逆に手作りってばれないくらいにクオリティーの高いものができたとき。
それもものすごく満足感があります。
得意げに作ったんだよって言いたいですね。

また手づくりって、意外と機械で作ったよりも細やかな作業が出来るのでいいものができます。
職人による一点物の価値が高いのもうなづけます。

大量生産で出来るものもいいのですが見直される職人技も沢山あるのでしょうね。

 

既製品生地効果的業者加工

あなたにぴったりの住みたい場所の見つけ方 ページホーム

横断幕で届けたいメッセージを届ける